瀬戸内かわいい部がやっていること・めざすこと

「瀬戸内かわいい部」は、瀬戸内地域の魅力的なモノ・コトを、「かわいい」という観点から探し、伝え、育てることを目的とした、ゆるやかなコミュニティです。

2018年8月、4人の運営メンバーを中心にスタートし、「瀬戸内のかわいさを伝えたい、そして自分でも感じたい」という思いを共有する方々といっしょに活動しています。


たとえば、こんな活動をしています。

「毎日の瀬戸内暮らしがもっと楽しくなりますように」

「瀬戸内を訪れる旅人が、もっとこの地域を好きになってくれますように」

そんな思いを込めながら、今はこんなことをメインに取り組んでいます。


●瀬戸内のかわいいモノ・コトを、SNSで情報発信

●瀬戸内のかわいいモノ・コトに触れるイベントの開催(不定期)

●瀬戸内のかわいいモノ・コトを生み出すプロジェクトの実施(不定期)



また、それ以外にも、日々の活動を通じてできたご縁やアイデアをもとに、瀬戸内の「かわいい」をもっと発見・発信できる、新しい企画づくりに取り組んでいます。


瀬戸内かわいい部に参加してみませんか?

・瀬戸内で暮らす、かわいいモノ・コトが好きな人

・瀬戸内のかわいさや魅力をもっと伝えたい人

・瀬戸内を離れて暮らしてるけど、やっぱり地元が好きな人

・瀬戸内が好き、または興味を惹かれている旅人 


「これってわたしのことかも」

そう感じてくれたあなたと、ぜひ一緒に活動したいです!


わたしたちといっしょに "瀬戸内の「かわいい」を探して発信する" ちいさな冒険に出てみませんか?

”かわいいを見つける” 

そんなミッションを持って町を歩けば、きっと思いもかけない ときめき が見つかるはずです。


参加条件は2つだけ。

「かわいいモノ・コトが好きなこと」

「瀬戸内をいとおしく思っていること」


「何かやってみたいな」そう感じた方は、ぜひこちらをご覧ください。

▼SNSでの情報発信・イベントやプロジェクトへの参加方法は こちら


瀬戸内ってどこまで? 

「瀬戸内かわいい部」は、瀬戸内海に面する県や町をフィールドに活動しています。

ちなみに、瀬戸内ってどこからどこまでをさすのでしょうか?

定義の仕方はいろいろですが「瀬戸内海に面する県」だとすると、山口県、広島県、岡山県、兵庫県、大阪府、和歌山県、徳島県、香川県、愛媛県、大分県、福岡県が、瀬戸内地域にあたります。

地図で見ると小さな内海ですが、実はこんなに広い地域をつないでいるのです。

立ち上げメンバーが全員岡山出身なので、今は岡山の情報が多くなっていますが、今後はもっとフィールドを広げて情報の発掘&発信をしていきたいと思います。


まとめ

瀬戸内かわいい部について、最後まで読んでくださってありがとうございます。


ここでの発信やつながりがきっかけとなって、瀬戸内に行ってみようと決める人が1人でも増えてくれたら、瀬戸内をいとおしく思ってくれる人が1人でも増えてくれたら、自分の町が好きだと誇れる人が1人でも増えてくれたら…そう願ってやみません。


さいごに、「瀬戸内かわいい部」を立ち上げたとき、部長のやすかさんが書いたnoteを紹介します。

これはもともとの文章を少しコンパクトにしたものですが、「瀬戸内かわいい部」を立ち上げた時やすかさんの中にめばえた思いに、触れてみていただけたら幸いです。


今年7月に西日本を襲った豪雨。私の住む岡山県も大きな被害を受けた。


元気な倉敷の様子を伝えるために製作した動画を、自分が参加していたコミュニティにアップしたところ、メンバーが復興支援のために岡山に来てくれることになった。


岡山の町をご案内して、言葉を交わして、一緒に過ごして。
そして、旅人さんたちはそれぞれ、次の場所へ。
私はひとり、仕事と家がある岡山に残った。


今回、メンバーと一緒に街を歩いて、新たに気づいたことが一つ。
それは、「瀬戸内の素敵なところをもっと知りたいし、もっと伝えたい」という想い。


『正直、岡山に行くって決まった時、岡山何があるのか全然わからなかったし期待もしてなかった。
 でも、来てみたらすごい良かった。』


全国から集まってくれたメンバーに岡山をご案内した時に言われた言葉だった。


私はこの岡山の地に生まれて、ここで育った。
岡山は東京や大阪に比べたら何もない、つまらないところ。
失礼ながらそんな風に、少し劣等感を覚えたりもしていた。


だけど、実際にご案内する中で、「岡山って案外素敵なところなんじゃ?」って今更ながら思える瞬間がたくさんあって。
美味しくてリーズナブルな白桃のジュース、ゆったりくつろげるお洒落なカフェ、美しく幻想的な夜の後楽園…


ただ、近すぎて見えていなかっただけだったのかもしれない。
「素敵」なものは、ここではないどこかにあると、決めつけていたのかもしれない。
瀬戸内・岡山の魅力にようやく気づかせてもらったから、もっと地元のことをちゃんと知りたいし、他の人にも伝えていきたいと思うようになった。


だから、瀬戸内のかわいいモノ・コトを発信する活動を始めることにした。
活動の名前は「瀬戸内かわいい部」。


やすか




(元記事:https://note.mu/yasuka358/n/n282fc5ce942c)